発音の難しさと文法について

発音をマスターするための順番について

英語の発音を勉強するにあたり、まず「母音」と「子音」から「単語」へ、そして「会話」へと順を追って勉強することが大切です。
繰り返し正しい英語を聞きながら、発音練習をするようにしましょう。
ものまねする感覚で、何度も声に出すのです。
発音できないものは聞き取れない私たちの脳には、繰り返し聞いてものまねすることが重要となってくるでしょう。

母音とは「a・i・u・e・o」のことで、子音は「それ以外」の事を言います。
この際に口の動きや舌先の位置も一緒に勉強すると、効率的です。
単語の発音はアクセントが重要です。
意識して発音しましょう。

英単語が繋がっている会話は、単語の発音が連なって、別の言葉に聞こえますよね。
これが「音変化」というもので、会話をマスターするうえで押さえるべきポイントです。
英会話はこの音変化が複数個、組み合わされて成り立っているので、パターン別に勉強すると良いでしょう。

文法を覚えるためにも、聞いて慣れる

文法の知識は完璧なのに、しゃべれない人が多くいます。
その一方で、文法はあまり勉強しなくてもしゃべれる人もいます。
その違いは何でしょうか?

私が中学生の時、英語の授業が始まる前に全員で教科書を、声を出して読んでいました。
毎回声に出して読んでいると、教科書の本文が自然と頭に入ってきます。
そうすると文法も自然に覚えられ、別の英会話をしようとしても「教科書の文章に単語を置き換えるだけ」という作業を頭の中でするだけで、できてしまうのです。
ですから文法は、いつの間にか身についていました。
「いつの間にか覚える」くらい、聞いて声に出して覚える方が効果的だと思います。
知識より、語順に「慣れる」ことが大切なんですね。
慣れることで感覚が身につき、しゃべれるようになるんだと思います。


▲ TOPへ戻る